a01top006-2

スロットマシーンとは?

スロットマシーンとは?

 


「スロットマシーン」は、カジノのあらゆるゲームの中でも最も参加率の高いゲームで、カジノへ行くと人種や老若男女をとわずあらゆる人たちがプレイしているほど破格の人気をほこります。


日本でも「パチスロ」などでなじみが深いゲームで、パチンコちがい技術的な要素が一切なく、ルールというルールもないため、ボタンを押してリールを回すだけであとは絵柄がそろって当たりが出るのを待つという手軽さが特徴です。



また、100%「運」を天に任せるゲーム特性のため、運が良い人非常にツイている人根っからのギャンブラーであれば、還元率に関係なく大当たりを獲得するチャンスがあります。


とくに「プログレッシブタイプ」という全てのプレイヤーがかけたお金が賞金としてストックされていくスロットマシーンを使用して、ジャックポット(最高の賞金)が出た場合は、数千万~億単位の額を一気に稼ぐことも可能です。



なお、スロットマシーン本体には、RNG(ランダムナンバージェネレーター)という当たりがランダムで出るコンピューター機能が搭載されており、これは世界中のカジノで統一された設定になっているので、機種によって当たりハズレがあるということはありません。




スロットマシーンの歴史

1887年、チャールズ・フェイによって、サンフランシスコの賭博場に世界初のスロットマシーンが置かれたのが始まりで、多くのカジノゲームがヨーロッパで生まれたのに対し、スロットマシーンはアメリカが発祥の地になります。


日本では、水道施設が横浜につくられ、東京藝術大学の前身である東京音楽学校が開学した年です。



かつてのスロットマシーンは、元金の3~4倍を狙うゲームだったのですが、現在ではジャックポット機能を搭載したスロットマシーンが登場したため、一攫千金も狙えるような夢のあるゲームマシーンになりました。


また、電子化の進歩やゲームの流行によって、デザイン性、エンターテインメント性、テーマ性、プレイヤー層の幅などが飛躍的に向上した結果、以前にもまして人気が上がっています。



★カジノスロットで高額賞金獲得した日本人
最新情報はコチラ


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング