ルーレットを確率論/賭け方/運で攻略!プロの資金管理法

ルーレットを確率論・賭け方・運で攻略!プロの資金管理法

 


ルーレットの攻略法は、下記の4種類の方法が一般的です。



1) 「ウィールの癖」を見極める方法

ボールが投げ出されたところとボールが落ちるところの法則性を見極めて、これにしたがってベットするという考え方です。


回転盤(ウィール)を4つに分けて、どのゾーンにボールが落ちるのかが分かれば、確率1/38が1/4のゲームに変わります。


詳細はコチラ



2) 「ディーラーの癖」を見極める方法

ルーレットの扱いに慣れている上手いディーラーは、勝負どころで「0」と「00」を狙い、両隣り2つくらいまでに入れられると言われています。


一方、下手なディーラーは5マス以上ズレるのが目立つと言われているので、ゲームをプレイする前にディーラーのタイプを見極めておくのも良いと思います。



また、裏カジノ(闇カジノ)に出入りしていた某プレイヤーによると、チップが大量に置かれた目があった場合、狙いはその大量に置かれた目を起点として45度のところにある数字を中心に狙うことで、勝率が大幅に上がるそうです。


これは、たとえば180度だと不自然に感じるディーラーが多いため、あえて自然に見える位置を狙うと言われてます。



3) 1/2の確率で当たるかけ方をする方法

「1~18 or 19~36」「1~12 or 13~24 or 19~36」「赤か黒」「偶数か奇数」など、確率1/2のかけ方をする方法です。



たとえば、「赤か黒」のどちらかにかけてルーレットを回すことを数千回~数万回という単位で行った場合、大数の法則によって限りなく赤と黒の出現率が50%ずつの確率になります。


そのため、「あまり勝てないのでは…」と思われそうですが、じつは数十回や数百回などの少ないプレイ回数で考えた場合は、赤か黒のどちらかが多く出てしまう偏りの状況が生じます。


ですので、もしどちらの色が多く出るかを捉えることができれば、勝ちやすくなるかもしれません。



しかし、ルーレットは運で勝敗が決まる要素が強いので、最終的には「運」が良ければ勝てる方法と言えるでしょう。



4) 資金管理法

この方法は、マネーマネジメントをシステム化して、あらかじめ決められた賭け方でベットしていく方法です。


資金管理法には、下記のような13の手法が存在します。



バランス型攻略法
マーチンゲール法
3倍マーチンゲール法
グランマーチンゲール法


攻めの攻略法
バーレー法(逆マーチンゲール法)
グランバーレー法
ココモ法


守りの攻略法
ウィナーズ投資法
モンテカルロ法
10%投資法
グッドマン1235法
バーネット1326法
ハーフストップ法
ピラミッド法(ダランベール法)


各攻略法の詳細はコチラ



5) ヨーロピアンタイプで遊ぶ方法

オンラインカジノのルーレットは、アメリカンタイプヨーロピアンタイプの2種類の台があります。


そして、一般的にアメリカンタイプのハウスエッジ(賭け金に対するカジノ側が得る手数料比率)は約5.26%、ヨーロピアンタイプのハウスエッジは約2.7%といわれています。

* もちろん例外もあります。



これは、「0」「00」の枠があるかないかによる違いで生じる結果なのですが、このような確率論だけで勝率を考えた場合は、ヨーロピアンタイプの方が勝率が高いといえます。


しかし、ルーレットは運で勝敗が決まる要素が強いので、一概にヨーロピアンタイプだから勝てるのかというと、そうでもないのが現状のようです。



★ルーレット必勝法で360万円獲得!
詳細はコチラをクリック ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング