オンラインカジノで億万長者になれる?勝ち運勝率と波

オンラインカジノで億万長者になれる?




オンラインカジノが日本で一般的に認知されるようになったのは2011年頃です。

* 有名雑誌での紹介が火付け役になったとか。


当時は、オンラインカジノがとても新しいギャンブル投資商品で、まだフロンティアプレイヤーたちによるプレイ模索が続いている状況でした。


当然、オンラインカジノで大金を稼いだ人や攻略法・勝ちやすい方法を見つけた人がいると思いますが、まだ一般の表舞台にはほとんど出ていないと考えられています。



現時点で分かっている日本人最高額は、プレイテック社製のビデオスロットで2012年2月28日に約1億2,700万円、また2015年3月6日に約1億1700万円の高額賞金を当てた二人のプレイヤーですが、その他にもカジノ側に当せん連絡していない高額賞金獲得プレイヤーもいるのではないでしょうか。




★2015年3月6日約1億1700万円獲得!
詳細ニュースはコチラ ≫



また、2013年頃からプレイテック社製スロットでは数百万円単位の高額賞金獲得者がかなり続出しており、スマートフォン対応のベラジョンカジノでも2014年1月~10月までの10ヶ月間でジャックポット賞金を獲得したプレイヤーが合計4324名、そのうち日本人が460名も出ています。

* 詳細は公式サイトで掲載中。



さらに海外では、2016年1月19日(午前10時47分)にベラジョンカジノのジャックポットスロット「Hall of Gods」で約2億1,464万円を当てたノルウェー・ベルゲン在住の45歳男性など、オンラインカジノで億を超え破格の高額賞金を手にしている例は数えきれないほどあります。




★2016年1月19日約2億1,464万円獲得!
詳細ニュースはコチラ ≫



そしてそのほとんどが、ビデオスロットバカラによる一攫千金であることが分かっています。


* ただしバカラは数千万円以上の金融資産(現金)がないと一攫千金は難しいゲームです。



オンラインカジノは、アメリカの「パワーボール」宝くじと同じく、他のギャンブルでは考えられないほどの高額賞金を手にできる可能性があるゲームなのです。



各ギャンブルの「最高賞金当選確率

5段階評価ギャンブル名最高賞金額当選確率
評価5カジノ、オンラインカジノ1億-50億円1/60万
評価5スポーツベッティング1億-50億円1/60万
評価4チャリロト9億-12億円約1/478万
評価4totoBIG6億円約1/478万
評価3WIN52億円約1/189万
評価3ロト74億-8億円約1/1,029万
評価2ロト61億-2億円約1/600万
評価2ジャンボ宝くじ1億-10億円約1/1,000万-2,000万
評価1パワーボール約600億-1,000億円約1/1億7,522万-2億9,200万
評価1メガ・ミリオンズ約650億円約1/2億5,900万
評価1ユーロミリオンズ約170億円約1/1億1,653万
評価1スーパーエナロット約200億円約1/6億2,261万




各ギャンブルの「還元率・期待値




ちなみに、海外宝くじの「パワーボール」で数百億円を稼いだなどの話がありますが、多くのケースは共同購入で宝くじを当てています。


ですので、手に入れる賞金は、多くても1人あたり約数億円ほどではないでしょうか。



その点オンラインカジノは、宝くじより還元率が高いことと、獲得賞金のほとんどが1人に分配されるため、1度の大当たりで個人が獲得できる賞金額が最も高い高利益率のギャンブルといえます。



★これまでの日本人賞金獲得情報
高額賞金獲得情報はコチラ


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング