海外製ジャックポット炸裂スロットのスマホオンラインカジノは?

海外製ジャックポット炸裂スロットのスマホオンラインカジノは?



ジャックポットが炸裂しやすい日本語対応カジノといえば、なんといっても「ワイルドジャングルカジノ」です。


ワイルドジャングルカジノに日本人プレイヤーがたくさん登録しているのは、プレイテック社製ゲームソフトを採用しているためジャックポットが出やすく、実際に日本一高額当選者を輩出しているからです。



では、スマートフォンで遊べるジャックポットが出やすいカジノは何かというと、現在のところ「ベラジョンカジノ」だけでしょう。( ※ 2015年時点



じつはオンラインカジノは、世界的な老舗ゲームソフト製作会社と提携してカジノゲームを作っているのですが、まだほとんどのカジノでスマホ対応がされていません。


2013年に、世界的に認知度の高い「ジャックポットシティ」、海外サッカーファンになじみ深い「32Redカジノ」がスマホ対応されましたが、まだ日本語バージョンがリリースされていない状況です。


※ 2013年12月よりジャックポットシティにてマイクロゲーミング社ソフトウェア初の日本語対応スマホ版がリリースされました



ベラジョンカジノは次世代を担うスウェーデンの「ネットエント」、ラスベガスやマカオ・シンガポールのスロットマシーンも製作するアメリカの有名大企業「IGT」といった新鋭企業によるゲームソフトで、サービス開始当初からスマートフォン市場のゲームを主に制作していましたが、現状当たる時は大きく当たるプレイテック社製と比べるとジャックポット炸裂率は未知数といえます。


ただ、当サイトで把握している情報では2013年にスロットで70万円を引き当てたプレイヤーや、2014年1月~10月までの10ヶ月間でジャックポット賞金を獲得した日本人プレイヤーが合計460名も出ているので、ワイルドジャングルカジノほどの勝率はあるか分かりませんが、今後プレイヤーが増えて高額賞金獲得者も増えることは言うまでもないと思います。



ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?



ベラジョンカジノ



中央アメリカのコスタリカに本拠地を置くカジノ企業によって運営されており、2011年2月にカジノライセンスの本場「マルタ共和国」政府からライセンスを取得した業界の新鋭カジノ。


プレイテック社製ソフトやマイクロゲーミング社製ソフトのように、海外の有名キャラクターとのコラボは少ないものの、「モノポリー」のスロットなどユニークでスマホ色の強いゲームが楽しめます。



★モノポリー・プラス

★ミスター・ベガス

★エンチャンテッド・メドウ



★ベラジョンカジノ
詳細はコチラをクリック(タップ)
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング