オンラインカジノの歴史を知りたい

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、宝くじや日本のパチンコ、競馬・競輪、本場カジノなどと比較して、かなり歴史が浅いといえます。



1994年にカリブ海に浮かぶ「アンティグア・パーブーダ」というイギリス連邦加盟国が、世界で初めてカジノライセンスを発行する法律を可決し、オンラインカジノ運営を許可したのが最初の始まりです。


その後、現在最大手のゲーミングソフトウェア開発会社マイクロゲーミング社が設立され、1996年にはクリプトロジック社やボスメディア社などのソフト制作企業とともに、オンラインカジノの導入期を創り上げてきました。


1998年には、高額賞金の獲得を目的とした「ジャックポット付きスロット」などのプログレッシブゲームが、翌年には他のプレイヤーと一緒にプレイできる「マルチプレイヤーテーブル」が誕生し、数十社しか取り扱っていなかったオンラインカジノサイトは、現在では2,400以上にも存在し、ゲーミングの種類もオンラインカジノのみならず、ポーカーや麻雀スポーツブック、ビンゴなど、様々なジャンルが登場しています。



また、ソフトウェア関連会社も数百社はあるといわれ、公式ライセンス発行国も20ヵ国を超えるまでになりました。


オンラインカジノの創設当初は、勝ち金の未払いや不正操作などをする公式ライセンスを持たない悪徳業者が存在していましたが、ギャンブルの不正取り締まりやプレイヤー保護といった規制体制、監査基準が強化されたため、現在ではほとんどのオンラインカジノを優良な企業が運営しています。


そして、近年では株式市場に上場する企業も増えてきており、オンラインカジノを取り巻く2兆円規模のゲーミング市場は多くのプレイヤーに支持される成長期に入ってきました。



現在では、インターネット上でプレイできるという性質上、世界中に多くのプレイヤーが参加しており、その数なんと4,000万人以上と言われています。


とくに、ヨーロッパの各国、カナダ、オーストラリアなどの先進国でファンが多く、日本でも2011年頃から大手オンラインカジノ企業の本格的参入によって、現在では50万人以上のプレイヤーがいるそうです。



★あなたに一番ピッタリのカジノは?
カジノ診断はコチラ


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング