ウォーターフロントマニラパビリオンカジノホテル(フィリピン)

ウォーターフロントマニラパビリオンカジノホテル(フィリピン)

ホテル&カジノ名

ウォーターフロントマニラパビリオンホテル/カジノフィリピン(Casino Filipino)



概要

フィリピンマニラの歓楽街・エルミタ地区の中心部に悠々たる姿で鎮座するカジノ付きホテル。


 


ホテルは比較的ローカルの人たちやアジア人に利用されているためか、あまり欧米人の姿を見ることはない印象があります。


※ ホテルレセプション


また、巨大ショッピングセンター「ロビンソンコマーシャルコンプレックス」やマニラ湾リゾートに近い好立地にあるため、宿泊先としてはかなり良いのではないかと思います。


※ ロビンソンコマーシャルコンプレックスの内観



カジノ

ホテルの併設されている「カジノフィリピン」は、この系列カジノ場特有のローカル色が強いインテリアで構成されていますが、フロア面積は思ったよりも広く、天井が低い印象があります。


※ カジノ場の入口


カジノ場はG・2・3階の3フロアに分かれており、G階は平場スロット・VIPスロット(VIP Slot Machine)のスロット専用ルーム、2階は同じく平場スロットやテーブルゲームフロア・ビンゴ場・マルチオンライン競馬ゲーム場が入っています。


また、3階だけは少し豪華なイメージのステージ付き小型ホテル宴会場のようなフロアになっており、テーブルゲームハイリミットゲームを楽しむフロアのほか、カジノVIPルームが入っています。



なお、カジノVIPルームにはエメラルドダイヤモンドルビーの3ルームがあり、それぞれ2台・4台・4台ほどのバカラテーブルが設置されています。



フロア構成

●G/F:スロットルーム、喫煙スロットルーム、SEASONS(レストラン)、Patisserie Boulvar(レストラン)、Business Centre、BAR、Watsons(ドラッグストア)
●L/F:Hyper Souvenir & Flower Shop
●2/F:カジノ、カジノVIPルーム、MSW MEGA SPORTS WORLD、ROYAL GRANDPRIX DERBY(マルチデジタル競馬)、APT POKER ROOM、ビンゴルーム、バー
●3/F:テーブルゲームフロア、ハイリミットルーム、バー、イベントルーム
●5/F:フィットネスセンター(Fitness Center)
●6/F:Image Travel & Tours
●7/F:Waterfront Philippines



詳細データ

●オープン日(開業日):1969年
●住所:United Nations Ave., Ermita
●電話:(02)526-1212
●FAX:(02)526-2552
●公式サイト:http://www.waterfronthotels.com.ph/manila
●客室数:502
●宿泊料金:シングル・ダブル$110/スイート$140
●チェックイン&アウト:チェックイン14:00/チェックアウト12:00
●休業日:年中無休
●クレジットカード対応:VISA、JCB、American Express、Master Card、Diner’s Club
●日本語対応:なし
●交通アクセス:ニノイアキノ国際空港からクーポンタクシーで約30~35分。(片道約440~530P=1,100~1,325円)
●備考
タクシーでは渋滞時に追加料金が発生することがある。(交渉で金額決定可能)
クーポンタクシーはメーターなしの定額料金タクシーのこと。
途中で鉄道も利用可能。しかし平日休日問わず混むためタクシーを推奨。
●平場テーブルゲームのミニマム&マックスベット

ゲーム名 ミニマムベット/Min Bet マックスベット/Max Bet
スロットマシーン 50¢
約1.25円
P1
約2,5円
P2
約5円





バカラ P200
約500円
P300
約750円
P500
約1,250円
P1,000
約2,500円
P30,000
約75,000円
P50,000
約125,000円
P60,000
約150,000円
P100,000
約250,000円
ハイリミットバカラ P1,000
約2,500円
P2,000
約5,000円
P100,000
約250,000円
P200,000
約500,000円
VIPバカラ P1,000
約2,500円
P2,000
約5,000円
P10,000
約25,000円
P100,000
約250,000円
P200,000
約500,000円
P500,000
約125万円
デジタルバカラ P100
約250円
P50,000
約125,000円
電子ルーレット
Inside
Columns/Dozens
Red/Black
1-18/19-36
Odd/Even
P200
P200
P200
P200
P200
P100,000(Maximum Payout)
P4,000
P8,000
P8,000
P8,000
電子ルーレット(インサイド)
Straight up
Split
Street
Corner
Six Line
電子ルーレット(アウトサイド)
Columns/Dozens
Red/Black
1-18/19-36
Odd/Even
P10
P10
P10
P10
P10

P10
P10
P10
P10
P1,000
P1,000
P1,000
P1,000
P1,000

P5,000
P10,000
P10,000
P10,000

※ P1(ペソ)=2.5円
※ その他のカジノゲームもあります。(ベット額は2016年時点)



リゾート設備一覧


ツアーデスク コーヒーショップ ・VIPルーム ・プライベートビーチ
シャトルサービス カジノ ・禁煙室 ・スカッシュコート
・自転車レンタル バー、パブ ・車イス対応室 ・テニスコート
コンシェルジュ ナイトクラブ ・ガーデン ・ウォータースポーツ施設
エレベーター プールサイドバー ・室内プール ・ゴルフコース
・セーフティーボックス 館内ショップ 屋外プール ・キッズクラブ
24時間ルームサービス ・託児施設 ・ジャグジー ・子供用プール
・ルームサービス 障碍者用施設 サウナ ・ホットタブ
サロン ・ファミリールーム ・スパ LAN無料
ランドリークリーニング ビジネスセンター ・スチームルーム ・Wi-Fi
・ペット可能 会議室、パーティー マッサージ 駐車場
レストラン ・喫煙所 ・ジム、フィットネス バレットパーキング

※ 「コーヒーショップ」は喫茶スペース



地図




★フィリピンカジノリゾートホテル一覧
一覧に戻る ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓




フィリピンカジノスロットをオンラインで無料プレイできる!



2018年までに、世界第2位のカジノ大国・シンガポールのカジノや世界第4位の収益をほこるカンボジアカジノを抜き、東南アジアで首位になる試算がされている「フィリピンカジノ」。


そんなフィリピンのカジノでは、他の国のカジノ場と比べて圧倒的にスロットマシーンが多く設置されています。


その数は1つのカジノ場の約半分のスペースを占め、場所によっては「スロットマシーン専用ルーム」が完備されているほど!


さらに、種類の多さやマシーンクオリティーの高さもマカオ顔負け状態といったところです。



でも、日本からフィリピンまで行くのに旅費やホテル代、さらにまとまった時間も必要だし、なんといってもスロット初回プレイから料金が発生してしまいます。


一定期間しかフィリピンには行けないし、リアルマネープレイ前に無料スピンで様子をみたい・・・



そこで、フィリピンカジノで多種類&最新スロットマシーンを体感する前に、オンラインスロットで無料練習プレイしてみてはいかがでしょうか?


MrVegas(ミスターベガス)

2 Million BC

The Incredible Hulk 50 Lines(ハルク)

IRON MAN 3(アイアンマン3)

※ ビデオスロット以外にも、本場カジノで一般的なリアルディーラーとの「ライブ中継テーブルゲーム」やコンピューター相手の「テーブルゲーム」も楽しめます!






オンラインスロットは、パソコンやスマートフォン・タブレット端末さえ持っていればいつでもどこでもプレイできるし、本場カジノでは採用されていない無料プレイが可能なので、まずは無料プレイでビデオスロットのコツをつかんでから有料プレイ、さらには本場カジノでの戦いに備えるという遊び方はいかがでしょうか。


ぜひ一度、世界最新の次世代ビデオスロットを無料体感してみてください!



★オンラインカジノの日本人人気度ランキング
総合ランキングはコチラ

★ゲームをプレイしてみたいけどオンラインカジノを知らない方へ
オンラインカジノが海外の主流ギャンブルである8つの理由



日本の「カジノ」新設は少し先の話ですが、オンラインゲームの「カジノ」はすでに盛り上がっています♪

一足先にカジノゲームを知りたい方は要チェックです!



★フィリピンカジノリゾートホテル一覧
一覧に戻る ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング