セブカジノマクタンレジャーシティーフィリピン

マクタンレジャーシティーカジノフィリピン

リゾート名

マクタン・レジャー・シティー(Mactan Leisure City)



概要

マクタンセブ国際空港」がある、フィリピン・セブ島の東側に浮かぶマクタン島で開発が進むカジノリゾート施設。


マクタン島では、「ウォーターフロントエアポートホテル」に次ぐ2つ目のIR施設となります。




当施設は、フィリピンで農業関連事業を行う「カラタ・コーポレーション」が進めているプロジェクトで、敷地面積14ヘクタールに東南アジア初の7ッ星を含む3軒のホテル、カジノ、レストラン、ショッピングモール、エンターテインメント&レジャー施設、会議施設、ヨットクラブなどが入り、2020年の開業を予定しています。




また、米投資会社「シノーアメリカ・ゲーミング・インベストメント・グループ」、マカオのカジノ企業「マカオ・リソーシズ・グループ」の両社と提携して開発され、事業費は650億ペソ(約1,402億円)、年間売上高は557億4,000万ペソに達すると見込まれています。


(画像引用元:Mactan Leisure City FB)



カジノ

詳細は発表されていません。



フロア構成





詳細データ

●オープン日(開業日):2020年予定
●住所:-
●電話:-
●FAX:-
●公式サイト:-
●客室数:-
●宿泊料金:-
●チェックイン&アウト:チェックイン-:-/チェックアウト-:-
●休業日:-
●クレジットカード対応:-
●日本語対応:-
●交通アクセス:-
●備考:-
●平場テーブルゲームのミニマム&マックスベット:-



地図





★フィリピンカジノリゾートホテル一覧
一覧に戻る ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓




フィリピンカジノスロットをオンラインで無料プレイできる!



2018年までに、世界第2位のカジノ大国・シンガポールのカジノや世界第4位の収益をほこるカンボジアカジノを抜き、東南アジアで首位になる試算がされている「フィリピンカジノ」。


そんなフィリピンのカジノでは、他の国のカジノ場と比べて圧倒的にスロットマシーンが多く設置されています。


その数は1つのカジノ場の約半分のスペースを占め、場所によっては「スロットマシーン専用ルーム」が完備されているほど!


さらに、種類の多さやマシーンクオリティーの高さもマカオ顔負け状態といったところです。



でも、日本からフィリピンまで行くのに旅費やホテル代、さらにまとまった時間も必要だし、なんといってもスロット初回プレイから料金が発生してしまいます。


一定期間しかフィリピンには行けないし、リアルマネープレイ前に無料スピンで様子をみたい・・・



そこで、フィリピンカジノで多種類&最新スロットマシーンを体感する前に、オンラインスロットで無料練習プレイしてみてはいかがでしょうか?


MrVegas(ミスターベガス)

2 Million BC

The Incredible Hulk 50 Lines(ハルク)

IRON MAN 3(アイアンマン3)

※ ビデオスロット以外にも、本場カジノで一般的なリアルディーラーとの「ライブ中継テーブルゲーム」やコンピューター相手の「テーブルゲーム」も楽しめます!






オンラインスロットは、パソコンやスマートフォン・タブレット端末さえ持っていればいつでもどこでもプレイできるし、本場カジノでは採用されていない無料プレイが可能なので、まずは無料プレイでビデオスロットのコツをつかんでから有料プレイ、さらには本場カジノでの戦いに備えるという遊び方はいかがでしょうか。


ぜひ一度、世界最新の次世代ビデオスロットを無料体感してみてください!



★オンラインカジノの日本人人気度ランキング
総合ランキングはコチラ

★ゲームをプレイしてみたいけどオンラインカジノを知らない方へ
オンラインカジノが海外の主流ギャンブルである8つの理由



日本の「カジノ」新設は少し先の話ですが、オンラインゲームの「カジノ」はすでに盛り上がっています♪

一足先にカジノゲームを知りたい方は要チェックです!



★フィリピンカジノリゾートホテル一覧
一覧に戻る ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング



Banner
300x250 translation