a01phili009

ニューワールドマニラベイホテル(旧ハイアットリージェンシー)

ニューワールドマニラベイホテル(旧ハイアットリージェンシー)

ホテル&カジノ名

ニューワールド・マニラ・ベイ・ホテル(旧ハイアットホテルマニラ)/カジノフィリピン



概要

マニラの歓楽街として多くの人たちでにぎわうエルミタ地区にあるホテル。


ハイアットリージェンシー(現ニューワールド・マニラ・ベイ・ホテル)はエグゼクティブや女性客に人気が高い世界的な高級ホテルで、日本や韓国でも認知度が非常に高いといえます。


 



また、2015年2月にエルミタ地区の南に位置するパサイでオープンした「シティオブドリームスマニラ」にて、当ホテルよりもさらに大規模のハイアットホテルが開業しました。



カジノ

ホテルの1階から3階までがカジノ場で、「カジノフィリピン」系列店の中では頭一つ抜けて規模が広く豪華なカジノです。


フィリピンカジノで中心的なゲームのスロットマシーンは600台を超え、1~2階の平場フロアに所せましと設置されています。


 

※ 上:カジノ場入口/下:レストラン「Market Cafe」


また、オンラインカジノスロットでもおなじみのIGT社製「H5E」機種やARISTOCRAT社製スロット、「Atronic」社製のスロット台型ルーレットマシーン、さらに1台のマシーンで数種類のスロットを楽しめる「NOVOSTAR」社製スロット、プログレッシブジャックポット爆裂機種など、多種類のスロットマシーンが用意されています。



一方、テーブルゲームは他のフィリピンカジノと同様にバカラテーブル台数が圧倒的に多く、そのほかルーレット・クラップス・大小・ポンツーン・ポーカーなど、ほとんどのテーブルゲームがそろっています。


Organic」(interblock社)というマルチ電子ルーレットシステムも導入されているため、次世代の新感覚カジノゲームも楽しめるのではないかと思います。



フロア構成

●G/F:カジノ(スロット&ビデオルーレット・テーブルゲーム)、ホテルロビー、Kafe Bar、Hallo Hallo Travel(旅行代理店)、Pastry Boutique(お菓子店)、両替所
●2/F:Market Cafe、多目的会場
●3/F:カジノ(スロット・テーブルゲーム・ミニポーカールーム・ROYAL GRANDPRIX DERBY(マルチデジタル競馬)・デジタルルーレット&大小シックボー・VIPエリア)
●5/F:カジノ、The Fireplace、LiLi、The Music Bar、The Music Bar、高級バー
●6/F:The Ballroom
●8/F:Pool Bar(プールバー)



詳細データ

●オープン日(開業日):2010年7月
●住所:1588 Pedro Gil, St., Cor. M.H. Del Pilar St., Malate
●電話:(02)252-6888
●FAX:-
●公式サイト:http://manilabay.newworldhotels.com/
●客室数:378
●宿泊料金:シングル・ダブルP9000~13000/スイートP17000~44000
●チェックイン&アウト:チェックイン14:00/チェックアウト12:00
●休業日:年中無休
●クレジットカード対応:VISA、JCB、American Express、Master Card、Diner’s Club
●日本語対応:あり
●交通アクセス:ニノイアキノ国際空港からクーポンタクシーで約30~35分。(片道約440~530P=1,100~1,325円)
タクシーでは渋滞時に追加料金が発生することがある。(交渉で金額決定可能)
クーポンタクシーはメーターなしの定額料金タクシーのこと。
●備考:-
●平場テーブルゲームのミニマム&マックスベット

ゲーム名 ミニマムベット/Min Bet マックスベット/Max Bet
スロットマシーン 50¢
約1.25円
P1
約2,5円
P2
約5円





バカラ P200
約500円
P300
約750円
P500
約1,250円
P1,000
約2,500円
P2,000
約5,000円
P40,000
約100,000円
P30,000~50,000
約75,000~125,000円
60,000P
約150,000円
100,000P
約250,000円
200,000P
約500,000円
VIPエリアバカラ(3F) P10,000
約25,000円
P100万
約250万円
VIPエリアバカラ(5F) 100USD
約12,000円
500HKD
約8,000円
10,000USD
約120万円
50,000HKD
約800,000円
ブラックジャック 500P
約1,250円
8,000P
約20,000円
ポンツーン 500P
約1,250円
1,000P
約25,000円
8,000P
約20,000円
10,000P
約25,000円
テキサスホールデムボーナス 100P
約2,500円
1,000P
約25,000円
フォーチュン3カード 300P
約750円
6,000P
約15,000円
スタッドポーカー 300P
約750円
3,000P
約7,500円
ルーレット
Inside
Columns/Dozens
Red/Black
1-18/19-36
Odd/Even
P100
P300
P600
P600
P600
P300,000(Maximum Payout)
P6,000
P12,000
P12,000
P12,000

※ P1(ペソ)=2.5円/1USD=120円/1HKD=16円
※ 電子ルーレット・デジタル大小(interblock社製)など、その他のカジノゲームもあります。(ベット額は2016年時点)



リゾート設備一覧


・ツアーデスク コーヒーショップ VIPルーム ・プライベートビーチ
シャトルサービス カジノ ・禁煙室 ・スカッシュコート
・自転車レンタル バー、パブ ・車イス対応室 ・テニスコート
コンシェルジュ ・ナイトクラブ ・ガーデン ・ウォータースポーツ施設
エレベーター プールサイドバー ・室内プール ・ゴルフコース
セーフティーボックス 館内ショップ 屋外プール ・キッズクラブ
24時間ルームサービス 託児施設 ジャグジー 子供用プール
ルームサービス ・障碍者用施設 サウナ ・ホットタブ
サロン ・ファミリールーム スパ LAN有料
ランドリークリーニング ビジネスセンター スチームルーム ・Wi-Fi
・ペット可能 会議室、パーティー マッサージ 駐車場
レストラン 喫煙所 ジム、フィットネス バレットパーキング




地図




★フィリピンカジノリゾートホテル一覧
一覧に戻る ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓




フィリピンカジノスロットをオンラインで無料プレイできる!



2018年までに、世界第2位のカジノ大国・シンガポールのカジノや世界第4位の収益をほこるカンボジアカジノを抜き、東南アジアで首位になる試算がされている「フィリピンカジノ」。


そんなフィリピンのカジノでは、他の国のカジノ場と比べて圧倒的にスロットマシーンが多く設置されています。


その数は1つのカジノ場の約半分のスペースを占め、場所によっては「スロットマシーン専用ルーム」が完備されているほど!


さらに、種類の多さやマシーンクオリティーの高さもマカオ顔負け状態といったところです。



でも、日本からフィリピンまで行くのに旅費やホテル代、さらにまとまった時間も必要だし、なんといってもスロット初回プレイから料金が発生してしまいます。


一定期間しかフィリピンには行けないし、リアルマネープレイ前に無料スピンで様子をみたい・・・



そこで、フィリピンカジノで多種類&最新スロットマシーンを体感する前に、オンラインスロットで無料練習プレイしてみてはいかがでしょうか?


MrVegas(ミスターベガス)

2 Million BC

The Incredible Hulk 50 Lines(ハルク)

IRON MAN 3(アイアンマン3)

※ ビデオスロット以外にも、本場カジノで一般的なリアルディーラーとの「ライブ中継テーブルゲーム」やコンピューター相手の「テーブルゲーム」も楽しめます!






オンラインスロットは、パソコンやスマートフォン・タブレット端末さえ持っていればいつでもどこでもプレイできるし、本場カジノでは採用されていない無料プレイが可能なので、まずは無料プレイでビデオスロットのコツをつかんでから有料プレイ、さらには本場カジノでの戦いに備えるという遊び方はいかがでしょうか。


ぜひ一度、世界最新の次世代ビデオスロットを無料体感してみてください!



★オンラインカジノの日本人人気度ランキング
総合ランキングはコチラ

★ゲームをプレイしてみたいけどオンラインカジノを知らない方へ
オンラインカジノが海外の主流ギャンブルである8つの理由



日本の「カジノ」新設は少し先の話ですが、オンラインゲームの「カジノ」はすでに盛り上がっています♪

一足先にカジノゲームを知りたい方は要チェックです!



★フィリピンカジノリゾートホテル一覧
一覧に戻る ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング