カジノスロットで負ける人の特徴は?

カジノスロットで負ける人の特徴は?

カジノのスロットマシーンで負ける人には、下記3つのような特徴があると言われています。






1. ひたすら回し続ける

スロットマシーンは他のカジノゲームと違い、ゲーム時間のサイクルがとても早い傾向があります。


そのため、当たりが出ない時に原因などを追及することなく、すぐにスロットスピンを再開してゲームを続けてしまうのです。


これでは、当たりが出るまでひたすらプレイし続けることになり、たとえ当たりが出てもまたすぐにスピンを繰り返して勝ち金を失うパターンが、負ける人の特徴となっています。



2. 勝ち逃げできない

スロットで負けてしまう人は、一度ゲームで勝ち越しても、もっと稼げると勘違いしてしまい、勝ち逃げができない傾向にあります。


また、あと一つの絵柄でフリースピンが発動する時などに「惜しい!」と思ってしまい、さらなる資金を投下してしまうケースも多いです。



とにかくスロットマシーンは、バカラやルーレット、ブラックジャックのようなテーブルゲームと異なり、考える間もなくプレイし続けやすいゲームなので、大勝ちしたい欲望を抑えることがかなり要求されると言えるでしょう。



3. プログレッシブ機種が好き

スロットプレイヤーの中ではあまり人口が多くないタイプですが、プログレッシブジャックポットを搭載した爆裂機種をプレイする人が好きな人は、ゲームに負けやすいと言われています。


これは、高額賞金が狙えるスロット機種ほど1スピンでの賭け金額が高く、負けるリスクが大きくなるからのようです。



プログレッシブ機種は、ハイリターンの反面ハイリスクであることを、いま一度確認しておきましょう。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング