ブラックジャックの用語

ブラックジャックの用語

 


ベット(BET)

チップをかけること。



ディール(DEAL)

ディーラーがカードを配ること。ベットしてからおこなわれる。



ヒット(HIT)
カードをもらうこと。



スタンド(STAND)、ステイ(STAY)

もうカードをひかないこと。



スプリット(SPRIT)

配られたカードが同じ数字のとき、かけ金と同額を追加することで2つに分けること。



ダブルダウン(DOUBLE DOWN)

最初に配られたカードの合計が10または11の時、


次のカードをひいても21を超えない。
10、J、Q、Kの出る確率が高く、これらをひけば20か21になる。


という理由から「ダブルダウン」を宣言し、カードをあと1枚しかひかないことを決めて、かけ金を倍にしてカードをひくこと。



インシュアランス(INSURANCE)

ディーラーのカードの1枚が「A」の時、1/4の確率で21になっているので、ディーラーがプレイヤーに「保険をかけますか?」と聞いてくる。


もう一枚のカードが「10、J、Q、K」の確率が高く、ブラックジャックかもしれないので、もしブラックジャックだと思って保険金(インシュアランス)をかけこれが当たった場合、保険金が2倍で支払われること。結果的に、損することもなければ得することもない。

※ ブラックジャックでなかった時は保険金も没収



サレンダー(SURRENDER)
最初の2枚のカードを見た時点でゲームをおりること。ゲームをおりることで、かけ金の半分を返してもらえる。



ブラックジャック(BLACK JACK)

カードの合計が21のこと。



バースト(BURSTburst)

カードの合計が22以上のこと。



プッシュ(PUSH)、スタンドオフ(STAND OFF)

ディーラーとプレイヤーが同じ数で引き分けること。



ハードハンド(HARD HAND)

カードに「A」を含まない組み合わせか、「1」として数える場合をいう。

たとえば、「9と7」、「2と6と8」、「Aと4と7」など。



ソフトハンド(SOFT HAND)

カードに「A」を含み、「1」、「11」いずれで数えても良い場合をいう。
※ 基本的に「11」と数えます



ペアカード(PAIR CARD)
手持ちのカードがペアの場合は、スプリットをして分割することが多くなります。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング