a01top002-2

ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックの遊び方

 


ブラックジャックは、配られたカードの合計が21に近い方が勝ちというシンプルなゲームです。しかし、21を超えるとその時点で負けが決定してしまうので、カードの合計を21以内におさめる必要があります。


なお、同じゲームテーブルにディーラーと数人のプレイヤーが座り、ディーラーが同時に数人のプレイヤーを相手に戦うゲームですが、他のプレイヤーが何人いようとも、勝負はあくまで「ディーラー vs 自分」です。


ただし、自分のゲーム運びや勝敗が、他のプレイヤーの勝敗に影響することはあります。



カードの数え方

A
1 or 11として数えます。カードの保持者にとって有利なように数えます。


2~10
2~10でそのまま数えます。


J、Q、K
10として数えます。





ゲームの流れ

その1
ディーラーが2枚のカードをディーラー自身とプレイヤーにそれぞれ配ります。


その2
ディーラーのカードのうち、1枚が表向きにされます。


その3
もし、プレイヤーが21( A と 10 or J or Q or K )であれば、「ブラックジャック」または「ナチュラル21」と呼び、その時にディーラーのカードが21でなければ、かけ金の2.5倍の払い戻しが受けられます。また、どちらも21の時は、引き分け(プッシュ)となります。



注意事項

ブラックジャックでは、スペードやダイヤなどの模様は一切関係ありません。

また、ジョーカーは使用しません。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング