1.富裕層が注目!オンラインカジノとは?

1.富裕層が注目!オンラインカジノとは?



オンラインカジノは、1996年に誕生したインターネット上に店舗を持つカジノのことをいいます。


カリブ海にうかぶアンティグア・パーブーダという国で、世界で初めてオンラインカジノライセンスが認可され、現在では経済大国と呼ばれる先進国のヨーロッパアメリカのカジノ合法州(ニュージャージー州等多数)、オーストラリアを中心に世界的にメジャーなエンターテインメント産業の地位を確立しています。



とくにカジノ発祥の地でもあるヨーロッパでは、今や本場カジノよりもゲーミング市場オンラインカジノオンラインポーカースポーツベッティング)全体の売上高の方が高く、EU全体で年間約7,500億円しかないヨーロッパカジノに対し、ゲーミング市場はじつに1~2兆円規模の大きさをほこっています。

※ 2014年現在アメリカのカジノ合法州総計でも年間300億ドルの収益を記録しているようです


パワーボール」や「メガミリオンズ」といった海外宝くじに次ぐ勢いのある次世代ギャンブルといわれているので、どれだけ楽しんでいるプレイヤーが多いのか想像ができますよね。



一方で、日本ではカジノ自体が存在しないため、オンラインカジノの認知度はまだまだ低いという状態ですが、2007年頃から徐々にカジノ法案の行方が注目されるようになり、2011年より海外カジノのファン層30~40代外資系大企業・商社マン投資家・トレーダー一流事業家・経営者富裕層を中心にプレイする人が右肩上がりに増加しました。


※ 2014年の合計は370億ドル(約4.5兆円)


今やラスベガスを抜きさり、世界最大のカジノ大国に踊りでたマカオにおける売上が約5兆1,000億円なので、同じくらいの売上があるといえます。



さて、そんな日本では真新しいオンラインカジノですが、じつはオンラインカジノを楽しんでいるプレイヤーの人たちには、意外にもそれなりの収入を得ている(年収700~1,000万円以上クラス)方が多いということです。


なぜ、エリートたち(?)のプレイヤーが多いのかというと、下記の3つの理由があげられています。



1) カジノゲームの勝敗が「運」に左右されることが多いから

「運」や「ツキ」の存在を信じていたり、人知を超えたものとして大切にしているのは、一般的に年収約500万円までの人、または年収2,000万円以上のクラスといわれています。


年収1,000万円クラスの人たちは、自分の力でこれだけ稼げていると思う方が多いということで、「運」の強さを学んでいこうとカジノゲームをプレイするのかもしれません。



2) 自分のフィールドでプレイできるから

ある程度の収入を得ている人の特徴として、働く環境を大事にして、能力を100%発揮するパターンが多いといわれます。


その点、オンラインカジノはインターネットとパソコン、またはiPadやスマートフォンがあればできるので、いつでも好きな時にできるし、プレイする場所も選びません。



ですので、本調子のときに集中したい場所でゲームプレイできるということです。


これが、オンラインカジノがヒットしている理由なのかもしれません。



3) 真新しいエンターテインメントだから

ふつうの人より多くの収入を得ている層の特徴として、まだ一般には認知が広がっていないものを先取りして経験するという役割があります。


このことが、オンラインカジノプレイヤーには富裕層系の人たちが多い理由かもしれません。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング