6.オンラインカジノの安全性とライセンス発行国一覧

6. 安全性に優れているオンラインカジノ&ライセンス発行国

0la11



オンラインカジノは本場カジノと同じく、カジノ合法国の政府から発行されたライセンス許可証を持った企業が運営しています。



ライセンス発行国には、スウェーデン、フィンランド、イギリス(マン島オルダニー島)、フィリピン、モホーク(カナダ)、コスタリカ、モンゴル、キュラソージブラルタルマルタなど20ヵ国以上の国があり、ソフトウェアや関連データが入ったサーバーの所在地を上記に挙げたようなカジノ合法国に置いて、その国の政府から発行された許可証を持って合法的に運営されているのです。



そして、そのライセンス許可証を取得するまでには、資金、人材(関係者)、ソフトウェアなどの項目で非常に厳しい審査があり、ライセンス発行には半年以上もの歳月がかかります。


しかも多額のライセンス取得料を国家に収める必要があり、この料金とカジノ運営の収益の一部が「ゲーミング税」という税金として徴収されます。



このように、オンラインカジノ・本場カジノともにライセンス取得のための手続きが非常に厳しいので、当然マフィアや暴力団などが入り込む余地などなく、想像をはるかに超える徹底されたクリーンな産業と言えるのです。




オンラインカジノライセンス発行国一覧

* 合計31ヵ国(2016年時点)

A行 オルダニー(イギリス領)、アンジュアン/コモロ、アンティグアバーブーダ、オーストラリア
B行 ベルギー、ベリーズ、BVIヴァージン諸島(イギリス領)
C行 カガヤン経済圏&フリーポート(フィリピン)、コモロ、コスタリカ、キュラソー(オランダ領)、キプロス
D行 デンマーク
E行 エストニア
F行 フランス
G行 ジブラルタル(イギリス領)
I行 マン島(イギリス王室属領)、イタリア
K行 カナワキ(カナダ)
M行 マルタ(イギリス連邦加盟国)、メキシコ、モンテネグロ
N行 オランダ(有限責任会社でなければならず、偶発的なゲームには20%の税金が課せられます)
O行 オーランド諸島
P行 パナマ、ポルトガル
R行 ルーマニア
S行 シュレースヴィヒ・ホルシュタイン(ドイツ)、スペイン
U行 イギリス
V行 バヌアツ


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング