バカラとは?

バカラとは?

 


「バカラ」は、主に富裕層やカジノVIPプレイヤーなど、資金をたくさん持ち合わせている人たちに遊ばれている人気ゲームです。


実際にVIPルームでは数千万円~億のお金が動くことも珍しくなく、億単位で勝つこともあれば億単位で負けることもあることから「富裕層向けの丁半ギャンブル」と言われています。



ではなぜお金持ちのプレイヤーが多いのかというと、かけた金額の2倍のお金が約1/2の確率で手に入るため、資金が多ければ多いほど還付金が大幅に増加するからです。


そのため、ラスベガスやマカオのバカラテーブルには、お金に目のない中国人であふれかえっているという現状があり、世界屈指のギャンブル好きである日本人にもバカラファンが多いといえます。



ゲームルールはいたってシンプルで、カジノディーラーとプレイヤーのどちらが勝つかを予想し、ただ勝負の行方を見守るだけのため、だれでもかんたんに参加することができます。


また、ハウスエッジが低くミニマムが非常に高く設定されているため、どのカジノゲームよりも勝ちやすく、資金をより確実に増やしたいと考えているプレイヤーにはもっともオススメできるゲームです。ただ、いくら参加障壁がなく勝ちやすいゲームとはいえ、庶民にとってはゲームで勝利してもかけ金が約2倍にしかならないので、スロットのように一攫千金が狙えるタイプのゲームとはいいがたい部分があります。



しかし、数十万円~数千万円単位でお金をかけて勝利すると、一気に資金を増やすことが可能なので、余力資金があればぜひチャレンジしてほしいゲームです。




バカラの歴史

イタリアで作られたゲーム「baccara」が、15世紀に入ってフランスの王侯貴族や上流階級の間で広まったのが始まりとされており、カジノ最古に属する歴史の深い高貴なゲームです。


その後、アメリカで初めてバカラテーブルを導入したのはラスベガスのサンズホテルで、1959年のこと。ゲームオープン初日、数時間の間にテキサス州から来た2人のギャンブラーに総額25万ドル以上持っていかれてしまったのだとか。



それ以来、一晩で数百万ドルもの大金を落としていくプレイヤーなど、今や「バカラルーム」というハイローラーや富裕層専用の個室型VIPルームでプレイされるほど由緒正しき崇高ゲームになっています。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング