a01top002-3

バカラの遊び方

バカラの遊び方

 


バカラは、カジノディーラーとプレイヤーのどちらが勝つかを予想する二者択一のゲームで、2枚のカードの合計が9に近い方に軍配が上がります。


また、どちらが勝つかを選択しさえすればゲームは勝手に進行していくため、プレイヤーがルールの詳細を知る必要はありません。



カードの点数

A
1点として数えます。



2~9
2点~9点でそのまま数えます。



10、J、Q、K
0点として数えます。



ゲームの流れ

その1
ディーラーが2枚のカードをディーラー自身とプレイヤーにそれぞれ配ります。



その2
ゲームに参加するお客さんは、プレイヤーかディーラーのどちらかが勝つか、あるいは引き分けるかの選択をします。



その3
2枚のカードを合計し、合計数の一の位が9に近い方が勝ちとなります。

もし、この時カードの合計数が規定数に達していない場合は、3枚目のカードがそれぞれに配られます。


プレイヤーの3枚目ルール
カードの合計が0~5の場合、3枚目を引きます。
カードの合計が6、7の場合、スタンド(3枚目を引かない)します。
カードの合計が8、9の場合、両者ともスタンドします。

ディーラーの3枚目ルール
カードの合計が0~2の場合、3枚目を引きます。
カードの合計が3~6の場合、プレーヤーの3枚目により引くかスタンドするかを判断します。
カードの合計が7の場合、3枚目は引きません。

※ バカラによって3枚目ルールが異なる場合があります



その4
プレイヤーにかけて勝った場合は、かけ金の2倍を獲得し、カジノディーラーにかけて勝った場合は、かけ金の95%が支払われます(5%は手数料)。

また、引き分けた場合は、かけ金の8倍~9倍が支払われます。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング